パワーストーンの具体的な浄化方法②

土に埋める浄化

石を地面に埋める浄化です。大地から生まれた石。

マイナスのエネルギーを吸収してしまった石を生まれた場所に戻してあげて、生まれた時の状態本来持つパワーを取り戻してあげるイメージですね。

里帰りしてリフレッシュする感じです。

〔土に埋める浄化どこに埋めるの?〕

土に埋める浄化法として一番大事なのが、どこに埋めるか?です。

良くないエネルギーがある場所に埋めてしまうと、浄化出来ないばかりさらマイナスのエネルギーもらってしまうコトもあります。

埋める場所ですが、人に汚染されていない、人が踏み荒らしていない、人がその上を歩かないよう自然の美しい場所、清らかな場所埋めるのがベストです。

また日当たりが良い場所がいいですね!

ジメジメした場所はダメです。

自宅の庭などは結構調整されている場合が多いです。

あまりおすすめは出来ません。

〔土に埋める浄化どうやって埋めるの?〕

塩に埋める方法と違って土と相性の悪い石はないので、どんな石でも浄化出来ます。

しかし、埋めたアトの処理で水で洗ったりするコトを考えると、そのまま埋めるより柔らかい布包んでから埋めた方が良いでしょう。

綿・麻・絹など天然素材で出来た布で石をやさしく包みます。

地面に穴を掘りますそんなに深く掘る必要はありません。

石自体がスッポリ埋まる程度で良いです。

掘った穴布で包んだ石をそっと置いてやさしく土をかけてあげればOKです。

〔土に埋める浄化どのくらい埋めるの?〕

1日くらいで大丈夫ですが、あなたが良いと思う時まで埋めておいて大丈夫です。

1週間くらいゆっくりとさせてあげても良いのではないでしょうか。

1ヶ月を超えない範囲掘り出して下さい。

掘り出したアトは柔らかい布で軽く拭いて完了です!

〔土に埋める浄化注意点は?〕

長い間、埋めたコトによって埋めた場所が分からなくならないように気をつけて下さい。

何か目印をつけておくと良いですね!

また石の種類によって雨に注意が必要です。

天候や埋める場所の環境に注意して下さい。

いかがでしたでしょうか?

良い条件の場所があればとてもおすすめな浄化方法です。

場所に条件がありますので、お住まいの環境次第だったりちょっと上級者向けであったりする浄化方法になります。

音による浄化

音叉やベル美しい音楽などを石に聞かせる浄化法です。

激しい音楽などは逆にストレスを与えてしまうのでNGです。

どんな石の種類も浄化出来ます!

とてもチャージ浄化の能力が高いので、他の浄化法を行ったアトにこの音による浄化をしてあげるととても良いですね!

〔音による浄化はどんな音ならいいの?〕

よく浄化に使われる代表的なモノを挙げてみます。

・音叉

・鈴

・ヒーリング音楽

・民族音楽

・ティンシャ

・クリスタルボール

・シンギングボウル

・シンギング・リン

・クリスタルチューナー

こんなトコロかな?

簡単に各アイテムを説明します。

〈音叉(チューナー)〉

U字形の鋼鉄棒に柄(え)をつけた道具。

軽く打って一定の振動数の単音を発生させ実験や楽器の調律などに使用されています。

アメリカなどでは人間の体に音叉の波動を与えて体調を整えたりヒーリング目的でも使われています。

〈鈴の音〉

美しい鈴の音は古くから邪気を祓ったり魔除けとして、使われたり陰の気を浄化するアイテムとして神事などに用いられてきました。

水琴鈴(すいきんすず)なども浄化アイテムとしておすすめです。

〈ヒーリング音楽・民族音楽〉

ヒトが癒やされる音と同じに考えて良いでしょう。

気持ちを落ち着かせてくれたり安心感を感じられたりストレス軽減やリラックス効果が認められる音楽です。

「規則的な中にも、不規則が混在しているゆらぎ」のコトを「1/fゆらぎ」と言いますが、この理論を応用して作られた音楽もおすすめです。

音量ですが最もリラックス効果が期待出来る「40デシベル以下」にするのが良いでしょう。

「40デシベル」は図書館の館内で聞こえてくる音量くらいです。

うるさいと感じず耳障りにならない程度の音量にしましょう。

また川のせせらぎ、鳥のさえずりや波の音などの自然の音もおすすめです。

リラックス効果の高い楽器としてはピアノ、ヴァイオリンやオルゴールなどがあります。

また音楽のジャンルではクラシックがすぐに思い浮かぶと思いますが、ジャズやオペラ、和風音楽や民族音楽もあります。

〈ティンシャ(チベタンベル)〉

ティンシャとはチベット由来の鐘で、チベット仏教の高僧が旅の危険から身を守る魔除けとして使ったり、法具の一つとして使われてきました。

古来より、場を清める為の浄化や魔除けとしてのお守り、音による癒しなど様々な形で利用されてきました。

最近ではヒーリンググッズとしてヨガなどでも広く使われてきています。

〈クリスタルボウル〉

クリスタルボウルとは水晶で出来た器状(おひつの様な円筒形)の癒し効果の高い楽器です。

ボウルひとつにつき、ひとつの音階(ドレミファ)があり、「マレット」という専用のバチでボウルのフチ部分を優しく叩いたりこすったりします。

とても長くて透明感あふれる音を出すコトが出来ます。

〈シンギングボウル〉

チベットシンギングボウルとも言います。

金属製の器の縁を、スティックで叩いたりこすたりするコトで心地よい癒しの音色、倍音を奏でるコトが出来ます。

倍音とは、基本的な音の複数倍になっている振動のコトでヒーリング効果があります。

〈シンギング・リン〉

シンギング・リンとは、音楽療法家である和真音(かず しおん)さんによって、2004年に開発された、新しい音響打楽器のコトです。

チベット仏教のティンシャや、日本の仏教音具である「おりん」、クリスタルボールを融合させたもので、専用のバチで叩いたりこすったりして奏でます。

シンギングボウルと良く似ていますが鋳型で作製し、金属の表面を漆を重ね塗りして焼き付ける表面加工がしてあります。

低周波から高周波まで、幅広い音域を持った倍音である「全倍音」を、たった一打で奏でられます。

〈クリスタルチューナー〉

水晶が持っている浄化のパワーを音叉で増幅し、石のマイナスエネルギーを取り祓い、浄化するアイテムです。

このチューナーから奏でられる音は毎秒4096Hzという高周波に調律されています。

このチューナーが生み出す音は別名「天使界の扉を開く音」と言われています。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが海外のヒーラーさんの間ではポピュラーな浄化法となっています。

音による浄化はどうやって浄化するの?〉

静かで落ち着いた空間で行います。

上記に挙げたいずれかの方法で行います。

浄化したい石を柔らかい布の上に置き、上記のアイテムを鳴らします。

音が、石に浸透するように向きを考えて行って下さい。

チューナーやベルなどは2~3分ほど音を注いであげれば良いでしょう。

ヒーリング音楽はあなたの気が済むまで聞かせてあげましょう。

いかがでしょうか?

音による浄化は石を選ばず、道具さえお持ちでしたら簡単に出来ます!

美しい音、良い音は石以外にもあなたやお部屋の浄化もしてくれます。

もし、元気がないな!と思う石などあればどんどん浄化して元気にしてあげて下さいね!

その他の浄化

8種類の浄化方法について整理してきましたが、今回はそれ以外の浄化方法についてちょっと触れておきましょう。

①植物による浄化
②神社で浄化
③ヒーリングアートで浄化
④アロマで浄化
⑤キャンドルで浄化
⑥隕石で浄化
⑦滝で浄化
⑧カミナリで浄化
⑨雪で浄化
⑩浄化用のスプレーで浄化
⑪言葉・マインドによる浄化

①植物による浄化

植物は二酸化炭素を吸って酸素を出す、天然の浄化装置です。

花や観葉植物のそばや、葉っぱの上置くだけです。

ほとんどの石を浄化出来ます。

②神社で浄化

神社の手水で浄化をします。

他の参拝客に迷惑がかからないようにしながら石にサッとかけお浄めしましょう。

複数の石の浄化や時間がかかるような浄化やめましょう。

流水による浄化の記事を参考にして下さい。

③ヒーリングアートで浄化

ヒーリングの力を持つ図形や図柄、色、デザインの描かれたモノの上や近くに、浄化したい石置いておく浄化法です。

どんな石でも浄化出来ます。

④アロマで浄化

スプレー容器やアトマイザーに天然水やミネラルウォーターを入アロマオイ(製油・エッセンシャルオイル)を数滴落とします。

よく混ぜてこれを石に吹きかけ浄化する方法です。

人工的な成分の入っていないオイルを使って下さい。

また、石によってはオイルの成分によって変色する可能性もあるので、注意が必要です。

⑤キャンドルで浄化

キャンドルに火をともし、熱気に石を当てる、くぐらせる浄化方法です。

あまり炎に石を近づけすぎないように気を付けて下さい。

琥珀や真珠、オパールは熱に弱いのでNGです。

⑥隕石で浄化

隕石は地球に落下してくる際(大気圏に突入の際)一切の不純物を取り除かれ大地に落下しました。

地球上で一番ピュアな物質としてあらゆるモノを清浄な状態に戻す力があると言われています。

隕石をお持ちでしたら浄化したい石を隕石の近くに置きましょう。

強力に浄化してくれます。

⑦滝で浄化

滝はパワースポットの中でも特に霊力が高く邪気を祓う効果が強い場所です。

ヒトによる汚染が少ない場所ほどパワーを持っています。

水にくぐらせるコトが出来るなら浸しましょう。

無理だとしても滝の近くに石をさらしておくだけで浄化してくれます。

水に浸す時は「流水による浄化」の記事を参考にして下さい。

⑧カミナリで浄化

カミナリが鳴っている時にその光が届くトコロに浄化したい石を置いておくだけです。

カミナリのパワーは非常に強力で光と音により瞬間的に邪気を祓い新しいエネルギーを注いでくれます。

水に弱い石は雨がかかるといけないので光の届く窓際に置いて浄化しましょう。

⑨雪で浄化

雪には浄化の力があります。

雪が目の前の景色を一面真っ白な銀世界に変えた時、そんな景色を見た時に心が洗われるような何か清らかな気持ちになりませんか?

写真や映像を見ても感じますね!

雪に埋めたり、雪の上に置いたりして浄化する方法です。

半日ほど雪にさらした後、流水ですすぎます。

1時間ほど乾燥させて完了です。

水に弱い石はこの浄化法はNGです。

「流水による浄化」の記事を参考にして下さい。

また温度差によってヒビが入ったり割れたりするコトもありますので、注意が必要です。

⑩浄化用のスプレーで浄化

こちらは浄化専用のスプレーを石に直接かけて浄化する方法です。

とても簡単です。

いろんな専門店で様々なモノが販売されています。

浄化能力の高い石や自然由来の原料からエッセンスを取り出し作っていますので、浄化能力も高いです。

⑪言葉・マインドによる浄化

石に自分の言葉や思いをぶつけて、プラスのエネルギーをチャージする浄化法。

「いつもありがとう!」「お疲れ様!」などと感謝の気持ちを伝えましょう!

この浄化法は「ゼロ浄化」としての効果は薄く「チャージ浄化」の効果が高めです。

よって、ゼロ浄化の効果の高い浄化法をした後にチャージ浄化として行いましょう。

いかがでしたでしょうか?

他にもまだまだ浄化方法はあると思います。

自分にあった浄化法を見つけて下さいね!

浄化する時間やタイミングは目安です。

あなたが「もう浄化出来たかな~」「いや、まだもうちょっと浄化しよう!」などなど、あなたが感じたタイミングで開始したり終わらせて良いと思います。

ただ、塩や水など向き・不向きがある石は注意して下さい。

よくわからないな~という場合は月光浴や水晶、セージや音などのどんな石にも対応可能な浄化方法にしておきましょうね!

ずっと付き合っていく石たちですので無理なく出来る方法が見つかるように願っています!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。