ピース グループ

古来から伝わる占星術を元に統計学とを合わせスピリチュアルで味付けさせて頂きます。

ヒトの性質は大きく7つのグループに分類される 次の7つに分類されます。

各性質には、この属性による性質も加味しながら判断する 27分類それぞれの石の性格は、7つに分類された基本分類の性質も加味しながら、その石独自の運勢が判断されます。

その際、もうひとつの分類方法である「方位による分類」も利用すると、さらに詳細な判断ができます。

27分類の性格的特徴 それでは27分類それぞれの特徴をみていきます。ここでは一般的な性格の特徴を紹介します。

27分類全てを見る

ピース Peace

人に好かれる宿です。まわりから手を差し伸べられて成功を手にすることができます。

・ビーク Beak

チャロアイト

話上手で、性格は穏やかで礼儀正しいです。好感度は高いです。

思ったことを口に出していう癖もあるので、気をつけましょう。財運に恵まれる宿でもあります。

世界三大ヒーリングストーンの1つといわれています。

ヒーリングストーンというと、疲れやストレスを癒してくれるようなイメージがあるかもしれませんが、チャロアイトからは、もう少し前向きでポジティブな波動を感じます。

精神と感情のバランスを保ちながら融合させ、恐れや恐怖心を捨て去り、コンプレックスや弱い心を克服して、現実と向き合う力を与えてくれるのです。

外に出るのが怖い、人と会いたくないという時には、ぜひこのチャロアイトをお守りにしてみて下さい。

持ち主のエネルギーを浄化し、すべてのバランスを整え、保つことを教えてくれるでしょう。

・キォ Kio

ピンクオパール

人気者の石です。見かけも頭もよくピュアな気持ちも持っています。

人のためになることをしてあげると、人気運があるので運が開けていきます。

希望に満ちた輝きを放つピンクオパールは、古代ローマでは「神の石」とも呼ばれ、魔術的なパワーがある上質な石として扱われてきました。

そのピンクオパールを身につけることで、神秘的なビジョンやインスピレーションを呼び起こします。

「やり直し」のパワーがあると伝えられています。「やり直し」とは、物事をリセットして一から修復できるという意味ではありません。

時間を巻き戻して、都合よく未来を変えることはできませんが、今の状態から抜け出し、より良い方向へ変えることは可能だと教えてくれているのです。

特に恋愛面においては、パートナーとの関係がぎくしゃくしていたり、倦怠期に陥った時に身につけると良いでしょう。問題点がはっきり見えてくるので、悪循環を断ち切り、少しずつ良い方向へと導いてくれます。

・ルーム Room

ブラッドストーン

27分類のうち一番、金運に恵まれる宿。異性にももて財運も引き寄せます。

他人を思いやったり、人助けをしたりすることで運気がアップします。

力強い輝きを放つブラッドストーンは、古代インドでは血に関する病に効果があるとされ、媚薬や止血剤として使われて来た歴史があります。また絶対的に魔的なものを寄せ付けない石とも信じられています。

そのブラッドストーンを身につけることで、闘争心を高め、目標達成に導きます。

「献身」を象徴するパワーストーンです。

気力を与えるとされますので、目標に向かってまっすぐ進みたい人におすすめです。

困難に出合っても、くじけずに乗り越えることができるようにサポートしてくれるでしょう。

持ち主に包容力と優しさを芽生えさせるブラッドストーン。

愛する人に惜しみない愛を与えることで、より深い愛が戻ってくるでしょう。

信頼できる人との交際を望むときにもおすすめです。

また、守護力が強く、持ち主の心身を守ってくれるとされます。

古くから、戦いに赴く兵士がお守りとしていたとされ、戦わざるを得ない状況にいる人を守る効果があるといわれています。

逆境に負けない精神力を養い、困難を乗り越えるためのパワーを与え、目標に向かって前進できるよう導いてくれるでしょう。

また、気弱になっている人の自信を取り戻させるといわれています。

・レッグス Legs

ローズクォーツ

27分類のうち一番、結婚運がいい宿です。正道をはずれない優等生タイプです。

ただ、感情に流されやすい面もあるので冷静さを忘れないようにしましょう。

美しいローズの輝きを放つローズクォーツは、古代ローマ時代では、制約の多い恋愛を成就させた人に、ローズクォーツの印章を送る風習もあったとか。

彫刻などの工芸品は現代でも、とても人気があります。

そのローズクォーツを身につけることで、高いヒーリングのエネルギーを持ちます。

また、身体の疲労を和らげる効果もあります。

自分を愛し、家族を愛し、友人を愛し、恋人を愛せるように、愛について学ぶ手助けをしてくれるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。