パワーストーンとチャクラについて

パワーストーンを扱っていると、時々「チャクラ」という言葉が出てきます。
ヨガや瞑想などを日頃からされている人はよくご存知だと思います。

例えやっていなくても今までに聞いたコトがあったり、
何となく雰囲気で分かるよ!という人も多いのではないでしょうか?

今回はチャクラの基本的な部分から、
パワーストーンとの関係についてご紹介したいと思います。

1.チャクラとは?


「チャクラ」とは、
「人間の生命・肉体・精神をコントロールするエネルギーの出入り口」です。
エネルギーポイントやエネルギーセンターとも言われていますね。

インドの公用語の一つであるサンスクリット語で
「光の輪」「回転」「車輪」などを意味している言葉です。

気功の世界では「経絡」と呼ばれたり、鍼灸の世界では「ツボ」と呼ばれています。

チャクラを別の表現で言うと、
「外の世界からエネルギーを取り入れると同時に必要のないエネルギーを排出し、
生命エネルギーの交換・代謝を行い活性化する拠点」とも言えます。

わかりづらいですね・・・・。

まあ、「エネルギーを出し入れして元気になる拠点」というコトです。

外の世界とは、地球や宇宙や別の高次元と言われる存在ですね。

またチャクラは体内の内分泌腺やリンパ系と繋がっており、
自身の健康にも深く関係していると言われています。

チャクラは体の中心線に沿って第1チャクラから第7チャクラまであり、
大きいチャクラが7つあります。
これが一番よく聞くチャクラの数ですね。

それに第0チャクラと第8チャクラを足して9つあるとも言われます。
(文献によっては小さいチャクラも数えると数千から数万あるとも言われています。)

この記事では第0チャクラから第8チャクラまでの9つについて説明しますね。

これらのチャクラがそれぞれの特性ごとのエネルギーを
ぐるぐる回転しながら取り入れたり排出したりしています。

個々のチャクラ自体の回転もありますが、全体感で言うと
正常時は体を上から見て時計回りに回っていると言われています。

この正常時と言うのは「チャクラがバランス良く開いている」
という表現で表されます。

2.チャクラが開くってどういうコト?

チャクラは「人間の生命・肉体・精神をコントロールするエネルギーの出入り口」と説明しましたが、
このチャクラ(=出入り口)の状態が良いコトを「チャクラが開いている」状態と言います。

エネルギーの吸収と排出がバランス良く行われている状態ですね。
吸収も排出も多ければ良いという訳ではなく、バランスです。

多ければ多いほど活性化しますが、一方(吸収とか排出)に偏ってはダメです。

このチャクラが開いた状態であると、精神的に安定し幸福感が高まります。
また肉体的にも快調になります。

最高のパフォーマンスを発揮していくでしょう。
これによって今まで自分でも気づかなかった才能も開花するかもしれません。

では逆にチャクラが閉じている、ブロックされている状態だと、どうなるでしょうか?

「チャクラの状態が悪くなる」=「エネルギーの出入りが悪くなる」と
肉体的、精神的に不調が出てきます。

きっとそういう状態になると大抵は病院などに通われて一時的には回復すると思います。
しかし、チャクラの不調を放置してしまうと、また同じコト(不調)の繰り返しです。

何度も何度も同じような病気や不調に悩んでいる方は、
このチャクラの不調を考えてみると良いかと思います。

この不調を改善する、またチャクラを開いた状態にする為に、
長い年月をかけて人類は考えてきました。(ちょっと大袈裟ですかね?)

それがヨガであったり気功であったり。
座禅や瞑想やヒーリング音楽だったり。
パワースポットに行くコトだったりもします。

そしてパワーストーンと言う選択肢もあるのです。

3.パワーストーンとチャクラ


不調を改善する、チャクラを開いた状態にする選択肢の一つにパワーストーンがあります。
多くの人がパワーストーンを身に着ける理由を考えてみると、

健康になりたいという願いだったり、
決断力や判断力を高めて勝負事に強くなりたかったり、
愛情運を上げたかったり・・・

というコトがありますね!

この後に、各チャクラが持つ特徴をご紹介しますが、
各チャクラの特徴は人々の持つ願いそのものを表しているようです。
(そのように感じますねという所感です。)

パワーストーンを持ったり、身近に置くことによって肉体の各チャクラが共鳴したり活性化されます。

するとチャクラが活性化したコトにより、
健康になったり、勝負運が上がったり、愛情運が上がったりするのです。

これがパワーストーンの持つ効果や意味になるのです。

パワーストーンとチャクラが共鳴し、
チャクラが活性化して願いを叶えるようなエネルギーが高まります。

これがパワーストーンに力があると言われる考え方の一つです。

4.チャクラと色

パワーストーンとチャクラの関係で特に重要なモノが「色」です。

チャクラには個々に対応した「色」がありますが、
この色とパワーストーンの色が非常に重要になってきます。

不調と感じているチャクラや、活性化させたいチャクラに対応している色のパワーストーンを、
チャクラに触れさせたり身近に置いたりコトで、エネルギーの吸収や排出の循環を活性化し
正常に戻す効果があると言われています。

各チャクラに対応する代表的なパワーストーンのリストを挙げておきますので参考にしてください。

そのリストを見てもピンとこなかったり、
どのパワーストーンにしたら良いのか分からない時や迷った時は、
自分が気になる色のパワーストーンを選ぶと良いでしょう。
コチラの記事でも触れています。)

意外にそうやって選んだパワーストーンが、今あなたに必要な石であるコトが多いですよ。

5.各チャクラの対応色や特徴

「1.チャクラとは?」で、チャクラは体の中心線に沿って第1チャクラから第7チャクラまで、
大きいチャクラが7つあると説明しました。

それに第0チャクラと第8チャクラを足して9つあるとも言われます。
文献によっては小さいチャクラも数えると数千から数万あるとも言われています、とも言いました。

ココからは第0チャクラから第8チャクラまでの9つチャクラについて一つずつ説明していきますね。

第0から第5までのチャクラは主に肉体的・物質的なエネルギーに関係しています。
第6チャクラは感覚や精神エネルギー。
第7と第8チャクラは霊性や宇宙意識とのつながりを持っているチャクラです。

第0チャクラ

チャクラ名
・アースチャクラ
・スターチャクラ

チャクラの場所
・足裏

対応周波数
・285Hz

特徴・効果・キーワード
・自己安定
・地球のエネルギーを体に循環させる。
・心身全体のバランスを整える。
・全身にエネルギーを取り入れる入り口。
・地球と肉体とのエネルギーを循環させる窓口。
・体内毒素の排出。
・大地とのつながりを深める。
・目標に向けてスムーズに行動を起こせる。
・若々しく過ごせる。
・自分の行動に責任を持ち、責任感を持って行動できる。
・足腰の不調の改善
・現実的な生き方
・大地
・グラウンディング

不調のサイン
・孤独を感じたり、生きているコトへの不安を感じる。
・モチベーションや集中力の低下。

対症療法
・パワースポットなどで瞑想。
・裸足で地面を歩く。
・グラウンディングを強める。

対応色
・黒色、茶色

対応するパワーストーン
オニキス、ブラックトルマリン、モリオン、スモーキークォーツ、ガーデンクォーツ、
ギベオン、天眼石、ボージーストーン、オブシディアン、ヌーマイト、ラヴァストーン、

第1チャクラ

四角形に4枚の花弁

チャクラ名
・生命と健康のチャクラ
・ムーラダーラ
・ルートチャクラ
・ベースチャクラ

チャクラの場所
・会陰
・尾てい骨
・肛門と生殖器の間

対応する内分泌腺
・卵巣、精巣

 対応する身体・臓器
・ 腎臓、膀胱、骨、骨格、直腸、前立腺、皮膚、生殖器

対応する周波数
・396Hz

特徴・効果・キーワード
・生命力・パワー・情熱
・地に足のついた生き方をする為の力を得る。
・全身の基盤になるチャクラ。
・食欲・睡眠欲・性欲など三大欲求を司る。
・免疫力
・元気の源
・生命・健康
・集中力
・生存、肉体的欲求
・グラウンディング
・心身の安定。
・やる気と情熱。
・勇気・活発・忠実
・自分自身への信頼感。
・良好な人間関係。
・集中力を高める。

不調のサイン
・モチベーションの低下。
・サボり癖、遅刻癖。
・消極的行動
・人生に諦め、無気力。
・疎外感を感じる。

対症療法
・ガーデニング
・グラウンディング瞑想
・赤い服を着る。
・赤い食材のモノを食べる。
・ヨガやストレッチ

対応色
・赤

対応するパワーストーン
ルビー、ガーネット、スモーキークォーツ、ブラックオニキス、オブシディアン、ブラッドストーン、
ヘマタイト、カーネリアン、水晶、レッドタイガーアイ、シンナバー、スピネル

 

第2チャクラ

円の中の三日月と6枚の花弁

チャクラ名
・精神安定と美のチャクラ
・スワディスターナチャクラ

チャクラの場所
・仙骨付近
・丹田

対応する内分泌腺
・副腎

対応する身体・臓器
・腸、腰、膀胱、腎臓、副腎、子宮

対応する周波数
・412Hz

特徴・効果・キーワード
・行動力
・実行力

・感受性や情緒のバランス。
・物欲・性
・ホルモンに働きかけて女性性を高める。(女性)
・感情表現力や人間関係円滑化。
・生命力
・精神安定と美。
・生きる喜び、心の平安。
・前進する力。
・創造性
・人間関係
・感情・陽気・活力
・忍耐力向上。
・生殖機能の改善や生理不順の改善。
・人間的魅力の向上。
・性的魅力のアップ。

不調のサイン
・攻撃的になる。
・自暴自棄。
・暴飲暴食。
・他人の評価が気になる。
・性への恐怖。
・感情の麻痺
・行動力の鈍化

対症療法
・腹部を温めるために、腹式呼吸
・瞑想
・お風呂に入る。

対応色
・橙色

対応するパワーストーン
レッドジャスパー、カーネリアン、オレンジムーンストーン、オレンジガーネット、アンバー、
サンストーン、サードオニキス、アラゴナイト、シトリン、タンジェリンクォーツ、インペリアルトパーズ、

 

第3チャクラ

円の中の逆三角形と10枚の花弁


チャクラ名
・人間関係と金運のチャクラ
・マニプーラチャクラ
・ソーラープレクサスチャクラ

チャクラの場所
・みぞおち

対応する内分泌腺
・膵臓

対応する身体・臓器
・胃腸、肝臓、膵臓、胆嚢、脾臓、自律神経

対応する周波数
・528Hz

特徴・効果・キーワード
・決断力
・自信・不安・エゴ・個性・理性
・自尊心を高める。
・感情のコントロール。
・自分の意志で人生を歩む。
・意志の強さ。
・深い精神性。
・自己の確立。
・責任感
・前向き
・やる気
・自発的
・ユーモア
・行動
・ありのままの自分を受け入れる。
・言いたいことを正確に伝えられる。
・自然体で行動できる。
・意思強化
・自信・自立
・外部からのストレス緩和。
・リラックス
・緊張緩和
・自己肯定感アップ。

不調のサイン
・他者へ依存。
・肝臓や消化器系の不調。
・体のだるさややる気の低下。
・自信の無さ。
・冷え性。
・受け身。
・エネルギー不足。
・愚痴っぽい。
・怒りっぽい。

対症療法
・代謝を促進する食事や温かい食事。
・太陽の元で過ごす。
・運動で汗をかく。
・キャンドルや焚き火など火を使う。

対応色
・黄色、金色

対応するパワーストーン
イエローオパール、シトリン、サンストーン、マラカイト、アラゴナイト、レモンクォーツ、
タイガーアイ、ルチルクォーツ、イエローダンビュライト、サルファー、イエロージェイド、
リビアングラス、パイライト、

 

第4チャクラ

円に六芒星と12枚の花弁

 チャクラ名
・愛情と人間性のチャクラ
・ハートチャクラ
・アナーハタ

チャクラの場所
・胸骨、心臓付近

対応する内分泌腺
・胸腺

対応する身体・臓器
・心臓、血液、血管、リンパ、肺、胸部、胸腺

対応する周波数
・639Hz

特徴・効果・キーワード
・第0チャクラ〜第3チャクラの主に肉体に作用するチャクラと
 第5チャクラ〜第8チャクラの主に精神に作用するチャクラの間にある
 中継地点のチャクラ。肉体と精神のバランスをとる重要なチャクラ。
・愛情、友情
・調和
・周囲に対する愛のエネルギー。
・過去のトラウマを癒し、他人を許す寛大さ。
・愛と許し
・慈愛・希望・信頼・喜怒哀楽
・感情や情緒を司る。
・自他への愛情。
・他人への理解。
・思いやり・安心感
・喜怒哀楽も持つ。
・鬱の緩和。
・マイナス思考の緩和。
・献身・慈愛を育てる。
・自分の気持ちに正直でいられる。素直に表現できる。
・自他ともに愛せる。許せる。
・人間関係がスムーズになる。
・人と比べるコトがなくなり、嫉妬や憎しみがなくなる。
・感受性が豊か。
・気遣い
・精神的安定
・満足感
・自己愛

不調のサイン
・自己中心的になる。
・わがままになる。
・憎しみの感情が強くなる。
・社交嫌い
・批判的
・孤立・孤独

対症療法
・植物と触れ合うガーデニングや森林浴。
・感謝の気持ちを持つ。

対応色
・緑色、ピンク色

対応するパワーストーン
エメラルド、グリーントルマリン、モルダバイト、クリソプレーズ、アベンチュリン、
マラカイト、ペリドット、ウォーターメロントルマリン、アマゾナイト、ロードクロサイト、
ローズクォーツ、ピンクオパール、ピンクカルセドニー・ロードナイト、ジェイド、
クリソコラ、クンツアイト、フローライト、

 

第5チャクラ

円に逆三角形、円と16枚の花弁

 チャクラ名
・コミュニケーションと表現力のチャクラ
・ヴィシュッダ
・スロートチャクラ

対応する場所
・甲状腺、首、喉

対応する内分泌腺
・甲状腺

対応する身体・臓器
・肺、気管支、喉、扁桃腺、甲状腺、肩

対応する周波数
・741Hz

特徴・効果・キーワード
・表現力
・意志、知識、創造性、判断力
・コミュニケーション能力を高める。
・冷静に物事を判断する。
・自己表現
・コミュニケーション
・創造力
・人前で堂々と話す。
・自分の本心ややりたいコトを理解できる。
・周囲にポジティブなエネルギーを与える。
・全ての人と良好なコミュニケーションを取れる。
・会話によって好印象を与える。
・聞き上手、話し上手。
・芸術関連の能力向上。
・人間関係が好転。

不調のサイン
・人の意見に流される。
・人の悪いところばかりが目につく。
・傲慢な態度を取る。
・コミュニケーション能力の低下。
・自己表現がうまくできなくなる。
・声が小さい。
・思ったコトを言葉にできない。
・秘密主義。
・内気。

対症療法
・自分の持っている知識やネタをどんどんアウトプットする。
・声を出して歌う。
・積極的に会話をする。
・日記をつける。
・自分を表現する行動。
・ブログやSNS発信をする。
・笑う。
・自分から挨拶をする。
・踊る。

対応色
・青色、空色

対応するパワーストーン
アクアマリン、ブルートルマリン、アクアオーラ、ターコイズ、アパタイト、
ブルーレースアゲート、ブルーカルセドニー、ラリマー、ブルートパーズ、アマゾナイト、
アンハイドライト、カヤナイト、カバンサイト、セレスタイト、
クウォンタムクワトロシリカ、デュモルチライト、ソーダライト

 

第6チャクラ

円と逆三角形に数字の3、2枚の花弁

 

チャクラ名
・知性と直感力のチャクラ
・アージュナー
・ブラウチャクラ
・サードアイチャクラ

チャクラの場所
・眉間の間

対応する内分泌腺
・脳下垂体

対応する身体・臓器
・目、耳、鼻、神経系、頭部、脳

対応する周波数
・852Hz

特徴・効果・キーワード
・高い集中力と直感力をもたらす。
・知性、精神の成熟。
・集中力や創造力を司る。
・勉強や仕事に集中できる。
・判断力が高まり正しい道を見抜く。
・行動力がアップし、幸運を引き寄せる。
・知覚や洞察力が増し、インスピレーションを得る。
・直観力、洞察力
・思考力、判断力
・記憶力
・魔除け
・マイナス思考の緩和。
・安眠
・先見性
・直感とひらめき。
・洞察力・記憶力アップ。
・物事の本質を見抜く。
・自分をコントロールできる。
・勘が冴える。
・感情に流されず冷静な判断ができる。

不調のサイン
・想像力の欠如。
・猜疑心が生まれたり、鈍感になる。
・被害妄想
・物忘れ
・勉強や仕事に身が入らない。
・自信を失う。
・状況把握ができない。
・優柔不断
・決断できない。

対症療法
・ヨガや瞑想で精神面の成長を目指す。
・朝日・夕日を浴びる。
・デジタルデトックスの時間を作る。

対応色
・藍色、紺色

対応するパワーストーン
アメジスト、ラピスラズリ、アイオライト、ブルーサファイヤ、カイヤナイト、
アジュライト、タンザナイト、アクアオーラ、ソーダライト、アパタイト、ラブラドライト、
スギライト、パープライト、ホークスアイ、アゼツライト、アメトリン、カバンサイト、
セラフィナイト、セレスタイト、ターコイズ、パイライト、ブルーフローライト、
ブルーレースアゲート、ラリマー、

 

第7チャクラ

千の花弁と光

チャクラ名
・精神性と霊性のチャクラ
・クラウンチャクラ
・サハスラーラ

チャクラの場所
・頭頂部

対応する内分泌腺
・松果体

対応する身体・臓器
・頭部、脳

対応する周波数
・963Hz

特徴・効果・キーワード
・宇宙、神との一体感・超能力。
・人生の目的。
・高次のスピリチュアルと繋がる。
・宇宙とのつながり。
・高い精神性。
・自己を超越し、神との一体感を感じる。
・超感覚。
・神の領域への入り口。
・幸運やチャンスが舞い込む。
・高次元からのメッセージを受け取る。
・スピリチュアルなつながりを感じ取れる。
・宇宙や神とのつながりを感じ取れる。
・自分自身が高次の存在であることを感じ、
地球的・宇宙的観点から物事を見るコトができるようになる。
・肉体と精神を統一し、宇宙と一体になる悟りの境地へ導く。
・悟り
・霊性・無欲
・直観力
・智恵
・慈悲
・愛
・宇宙意識
・ストレス解消
・安眠
・予知能力

不調のサイン
・孤独感と劣等感が増す。
・自分の殻に閉じこもる。
・無感動
・頭痛     

対症療法
・瞑想
・第0〜第6チャクラを整える。
・星空、宇宙を見る。
・パワースポットに行く。

対応色
・白色、紫色、金色

対応するパワーストーン
アメジスト、チャロアイト、パープルフローライト、モルダバイト、スギライト、
水晶、セレナイト、ダイヤモンド、ルチルクォーツ、ハウライト、ムーンストーン、
フォスフォシデライト、レピドライト

 

第8チャクラ

チャクラ名
・エアーチャクラ
・ソウルスターチャクラ

チャクラの場所
・頭上から上30〜60cm

対応する周波数
・174Hz

特徴・効果・キーワード
・自己開花
・精神世界や宇宙とつながりを持つ。
・高次元とのつながり。
・前世からの使命に気づく。
・感情の乱れを抑える。
・良好な人間関係を築く。
・しがらみから解き放たれる。

不調のサイン
・自己主張や自己顕示欲が強くなる。
・視野が狭くなる。

対症療法
・大地や宇宙を感じる。
・自然に触れる。
・瞑想

対応色
・白、透明、灰色、銀色、赤紫色

対応するパワーストーン
水晶、レインボークォーツ、ハウライト、ホワイトオニキス、ラブラドライト、
ムーンストーン、アゼツライト、カルサイト、ミルキークォーツ、アポフィライト、
オーラクォーツ、ダイヤモンド、ダンビュライト、フェナカイト、

 

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?

チャクラは奥が深いというか、一般的に目には見えないモノなので、
わかりづらいかも知れません。

わかるトコロから少しずつ意識して、自身の生活や健康のために考えてみてはいかがでしょうか?

チャクラの特性を思い出し、パワーストーンを選ぶ際の、参考の一つにしてみてください。

チャクラの意味やパワーストーンの意味も大事ですが、直感で選んでみても良いと思います。

それでも、どうしても決められない時は、「水晶」から試してみるコトをおすすめします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。