パワーストーンQ&A② よくある疑問・質問に答えます

パワーストーンについて、様々な分からないコトや疑問・質問などあると思います。
この「 Q&A 」の記事では、よく聞かれるコトについてお答えしていきます。
私なりの見解ですが参考にして頂けると幸いです。

ただ初めに言っておきますが、
パワーストーンの取り扱いはそんなに難しいモノではありません。
こうしなければいけませんというルールやがんじがらめの作法などありません。

あなたがパワーストーンと一緒に楽しく過ごすコト、嬉しい時間を共有するコト、
それが唯一のルールでしょうか?
ただ末長く一緒に過ごすために、ちょっとした気配りや心配りが必要なだけです。

いろんな情報がすぐに手に入る時代になりました。
それこそ本当に様々な情報が出回っています。
ここでのQ&Aに対しても、もっともっと別の答えがあると思います。

諸説ありです!
そんな時は是非、慌てずゆっくりと自分なりの正解を探してみてくださいね!


Q11.パワーストーンは値段が高い方が効果があるの?

A.値段が高い方がパワーが強い傾向がありますが、絶対ではありません。

パワーストーンの値段は主に、品質、産出量、流通量、産地、人気によって決まっています。
この石はパワーが強いから、高く売ろう!、パワーがないから安く売ろう!というコトではなく
いろんなコストや環境を考えて決められています。

品質が良ければ、低いモノより高くなります。
産出量が少なければ、高くなりますし、流通量が少なくても同様に高くなります。

産地によっても変わってきます。

同じ石でもその産地によっての微妙な違いや産出量、また採掘コストや運搬コスト、
流通コストなども産地によって違うのです。
同じ石でも産地によってコストが違えば売値も変わります。

人気によっても違いますね!
人気によって需要が増えれば必然的に売値は高くなります。

結局は需要と供給、仕入れにかかったコストや利益を見込んで値段は決まっています。

これらを踏まえた上での話なのですが、例えば品質が良ければ値段は高くなりますが、
品質が高ければ一般的にパワーは強くなります。

また人気がある石は値段が高くなる傾向がありますが、
一般的にパワーがあると認知されている石は
これまた値段が高くなる傾向があります。

だから値段が高い方がパワーが強い傾向があります!となります。

しかし、絶対ではないのです。

パワーストーンの力や効果とはあくまでそのパワーストーンと、
それを身につける当人との相性で決まってきます。

一般的に値段が高い石の方が、その石が潜在的に持っているパワーが高い傾向がありますが、
それがそのまま身につけた人に効果を発揮するかどうかはまた別の問題です。

人との関係でも同じですが、大切にする「想い」や「相性」にもよりますので
「値段が高い=効果がある」とはならないのです。

結局の所、パワーストーンの力や効果は、値段の高い・安いではなく、
どれだけ気に入っているかとか、
どれだけ大事にしているかといった「想い」や「相性」だと思います。

安い石でも力があり効果のある石はたくさんあります。
自分に合う石、気になる石を見つけて、大事に大切に扱ってください。
それが高い効果を発揮する1番の方法ですね!

ですがちょっと違った視点からの話になりますが、
値段が高いモノを買うと、安いモノよりも大事にする傾向が人にはありますね。

極端な例を挙げれば、
専門店で買った100万円のパワーストーンのブレスレットと、
夜店で買った300円のパワーストーンのブレスレット。

どちらの方がより大切に扱うでしょうか?

もちろん2つとも同じように大切に扱う人がいるのはわかっています。
しかし多くの人は100万円で買ったブレスレットの方を、
より大切に扱うのではないでしょうか?

ちょっと何かにぶつけては、大丈夫だったかな~?と心配したり、
汚れていたらすぐに綺麗に拭いてあげたり、
こまめに浄化をしてあげたり・・・・。

このように値段が高いモノの方が、より丁寧に扱ったり、気にかけたりすると思います。

また買う時に願った願望に対しての強さ・想いはケタ違いだと思います。
こうしてより絆が深まり、効果・結果が出やすくなるというコトはあるのです。

 

Q12.パワーストーンは大きい方が効果があるの?

A.一般的に大きい方がパワーはありますが、絶対ではありません。

同じ石で、同程度の品質で、同じ産地のモノでしたら大きい方がエネルギーは高いですね。
特に原石では、やはり大きければ大きいほどパワーはあります。
もちろん小さくても、とても大きなパワーを持ったモノはありますよ。

しかし、自分の身につけるパワーストーンアクセサリーについては少し注意が必要です。

もちろんパワーストーンが大きい方が力は強いのですが、
身につけていて邪魔になる様な
サイズだと、
マイナスの効果になってしまう恐れがあります。

「邪魔だな~」「何かぶつかって作業しづらいな~」などというネガティブな思いは
せっかくのパワーストーンの力や効果の妨げになってしまいます。

しっくりとくるサイズ感で、心地よく身につけられる大きさのモノをつけましょう。

邪魔に感じながら大きいモノを身につけるよりも、
小さくてもしっくりくる大きさのモノの方が
結局は効果は出やすい様です。

本末転倒にならない様にお気をつけください。

またパワーストーン初心者やパワーストーンの力を受けやすい人は
小さいパワーストーンから徐々に大きくすると、つけやすいかもしれませんね。

 

Q13.パワーストーンは品質が良い方が効果があるの?

A.一般的に品質が良い方が効果は高いのですが、絶対ではありません。

Q.11でも少し触れていますが、品質が高ければパワーが高いという傾向はあります。

一般的に品質が良ければ良いほどパワーはありますが、
その石への取り扱いだったり、相性だったりが
影響しますので
絶対ではありませんのでご注意ください。

 

Q14.パワーストーンブレスレットを
ズボンのポケットに入れたまま洗濯機で洗ってしまいました。
どうすれば良いでしょうか?

A.綺麗に拭いてあげてから、浄化しましょう。

水に比較的強いパワーストーンでしたら、小さな容器(コップや洗面器)に水を入れ、
ブレスレットをその中で
軽くゆすぎます。
(水は水道水より天然水の方がより良いです。)

そして柔らかい布で、軽く拭き、風通しの良いところで1時間ほど乾燥させます。
それから浄化してあげましょう。
(浄化方法はコチラ

元々水に弱いパワーストーンの場合は、石の表面を柔らかい布で軽く拭いてあげましょう。
それから浄化をしてあげます。
(浄化方法はコチラ

浄化後は、しばらく様子を見ながら、気にかけながら様子を見てあげてください。

何か違和感を感じる・・・、
パワーがなくなってしまったような感じがする・・・などと
感じる様でしたら、
また再度浄化をするか、しばらくお休みさせてあげましょう。

 

Q15.パワーストーンブレスレットには
いろんな大きさがありますがどれがいいのですか?

A.自分がつけてみてしっくりするサイズが1番良いのですが、おすすめは10mm玉です。

きっとこれはブレスレットに使っている玉のサイズのコトですよね?
パワーストーンビーズの多くは大体4mmくらいから2mm刻みであります。
(1mm刻みももちろんあります。)

女性が多くつけているサイズは8mm玉と10mm玉。
8mmの方が多い感じですね。

男性では10mm玉と12mm玉。
10mmの方が多いと思います。

Q12でも少し触れましたが、パワーストーンは大きい方が力は強いですが、
結局は自分でつけてみて1番しっくりする、安心できる、
落ち着くサイズが良いと思います。

邪魔に感じながらつけていると、なかなか効果やパワーが出づらいから・・・。

しかし可能でしたら、10mmサイズもしくはそれ以上のサイズの玉を使えると良いですね!

一般的に10mm玉くらいのサイズが1番パワーストーンのパワーを効率よく引き出せる様です。
(もちろんもっと小さいサイズでも強力なパワーを発揮する石もありますよ。)
無理してつけると逆効果ですのでお気をつけください。

ビーズでは大体2mm刻みでのサイズ展開が多いですね。
10mm玉と8mm玉の重量を比較すると、8mm玉は半分ほどの重量しかありません。
6mm玉に至っては1/4ほどになってしまいます。

自分にしっくりくるサイズがベストですが、参考にしてください。
男性、女性でも違いますし、手首の太さも違いますしね~。

 

Q16.浄化とは何ですか?

A.パワーストーンが吸収してしまった悪い「気」や「マイナスのエネルギー」を取り払い、
その石本来の力を取り戻す作業。

パワーストーンは持ち主に向けられたマイナスエネルギーや悪意などから、
持ち主を守るために
常に頑張ってくれています。

また外からだけでなく、自分の内側から出るマイナスの感情やエネルギーなども
抑えるように頑張ってくれています。

石もとても疲れてしまうんです。

この「疲れ」が蓄積してしまった状態のままでは、
今後も持ち主を守っていくコトや願いを叶えるために
力が足りなかったり不十分だったりしてしまいます。

このように石も疲れてしまいますので、これを一旦クリアにし、
本来持っている力を取り戻させる
作業のコトを「浄化」と言います。
(浄化についてはコチラの記事も参考にしてください。)

 

Q17.ブレスレットはいつ浄化をすればいいのですか?

A.まず自分の手元に来た時にします。その後は身につける頻度で違います。

初めて自分のところにきた時に、まず浄化をします。
買ったりプレゼントされたりした時ですね。

パワーストーンはいろんな人の気やエネルギーに触れてあなたのトコロにやってきます。

鉱山から採掘した人、輸送した人、仕分けした人、研磨した人・・・などなど
いろんな人の手を渡って
お店にやってきます。
お店に入ってからも様々な人の手に触れてからあなたのトコロにやってきたのだと思います。

あなたのパワーストーンはそんないろんな人達の感情や思いを吸収しているかもしれません。

これをまずクリアにして一旦まっさらにします。
それから本来の力を取り戻させ、
あなただけのパートナーにするのです。

その後は使用する頻度にもよりますが、最低1ヶ月に1回はしたいトコロです。
パワーストーンの疲れをとるモノですので、多くする分には問題ありません。

私たちは仕事をしたり運動したりして日中活動したら、
夜にお風呂に入ったり
睡眠を取ったりして体を休めますよね。
リフレッシュしてまた明日に備えますよね。

この体を休めてリフレッシュするという行為がパワーストーンにとっての浄化になります。

また、身につけていて、「最近パワーストーンの力が落ちてきたのでは・・・?」
とか感じる様な
コトがあったら、それは浄化をするタイミングと言えるでしょう。

「最近忙しくて、パワーストーンも疲れてるんじゃないかな~?」と
感じたりする時も同じです。

あなたがやりやすい方法で浄化をしてあげてください。
(浄化方法はコチラの記事をご覧ください。)

私のおすすめは、毎日の浄化です。
家に帰ってきて、お風呂に入る時にブレスレットを外して水晶クラスターに置きます。
そして朝、起きたらブレスレットをつけます。

自分が寝ている時に、水晶クラスターが浄化してくれています。
簡単ですね!

そして水晶クラスターとは別に月に1回程度、
月光や音叉やセージなど、気の向いた方法で浄化します。
こんなルーティンです。

水晶クラスターがあるととても便利です。

もし水晶クラスターがない人は「さざれ石」でも同様に出来ますのでやってみてくださいね。

 

Q18.浄化の方法はどんな方法がありますか?

A.いろんな方法がありますが、その中でも代表的なモノを挙げますね。

塩による浄化
流水、川、清流による浄化
セージやお香による浄化
水晶クラスター、さざれによる浄化
日光浴による浄化
月光浴による浄化
土に埋める浄化
音による浄化

他にもありますが、代表的なモノを8ヶ挙げました。
具体的な方法については、気になる浄化方法をクリックしてご覧ください。

Q19.浄化アイテムである水晶クラスターやさざれは
浄化した方が良いのでしょうか?

A.水晶クラスターはしなくても良いですが、さざれは浄化が必要です。

水晶クラスターでの浄化とは、
水晶クラスターの上に浄化したいパワーストーンやパワーストーンアクセサリーを
そのままクラスターの上に置くだけです。

「さざれ」による浄化とは、
お皿などに入れた「さざれ」の上にパワーストーンを置いて浄化する方法です。
「さざれ」はたっぷり目でお願いします。

母岩がついている水晶クラスターは自己浄化力が高いので、
あまり浄化しなくても良いでしょう。
一般的に原石やクラスターは自己浄化力が高いです。

特に太陽の光が当たっていたり、風通しの良いトコロにある場合は大丈夫だと思います。

私の場合(水晶クラスター)ですが、
年に1、2回くらいはあえて月光浴や流水での浄化をしています。

いろんなパワーストーンの浄化をしているモノなので、大丈夫だとは思うのですが
一応念の為と、慰労になるかな~と・・・・。

それ以外にも、
クリスタルチューナーやセージでも他のパワーストーンの浄化をする時に
ついで?に一緒によくやっていますけどね。

もし大きかったり重かったりで動かせない場合は、音での浄化などがおすすめです。
クリスタルチューナーはおすすめですよ。
自分も癒されます。

注意が必要なのは「さざれ」です。

ブレスレットなどに使われているビーズなどもそうなのですが、
石を研磨して加工されたりした
パワーストーンは自己浄化力があまりありません。
だからブレスレットなどのアクセサリーは浄化が必要なのですが・・・。

それは「さざれ」も同じです。

「さざれ」はパワーストーンアクセサリーなどの浄化にとても便利なのですが、
定期的に「さざれ」自身も浄化が必要になります。

使用頻度によったり、「気やマイナスエネルギー」の状態によっても違いますが、
月に1回くらい浄化してあげられると良いですね!

浄化の仕方はコチラの記事を参考にしてください。

Q20.水晶クラスターを買いましたが、埃が溜まってきました。
どうしたらいいでしょうか?

A.流水で洗い流すか、エアダスターで吹き飛ばしましょう。

Q18でも少し話に出ましたが、浄化も兼ねて流水にて洗い流してあげると良いでしょう。
大きいクラスターだと大変ですが、やっぱり洗った後は、綺麗になったな~と思います。
やって良かったな~と思うでしょう。

浄化の仕方はコチラの記事を参考にしてください。

ちょっと流水は大変です・・・という方は、エアーダスターで埃を吹き飛ばしちゃいましょう。
ウチワであおいだり、綿棒で取ったりしても良いのですが、大変です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。